BATTLELINE (バトルライン) 

BATTLELINE正規取扱いブランド一覧
SPRAYGROUND (スプレーグラウンド) BAGARCH (バガーチ) DUPPIES (ダッピーズ) ANDSUNS (アンドサンズ)   DOPE (ドープ) CALEE (キャリー) RADIALL (ラディアル) FUCT (ファクト)
HUDSON OUTERWEAR (ハドソンアウターウェア) DREAM TEAM (ドリームチーム) HHAARRIISS (ハリス) BLACK KAVIAR (ブラックキャビア) GRAVY SOURCE (グレイビーソース) CLUCT (クラクト) CAYLER & SONS (ケイラーアンドサンズ)
ROUGH AND RUGGED (ラフアンドラギッド) CIVIL CLOTHING (シヴィルクロージング)   430 / FOURTHIRTY (フォーサーティー) KENDAMA (けん玉) NUDIE JEANS (ヌーディージーンズ) SLIP & CO (スリップアンドコー)
FULLCOUNT (フルカウント) MSGR (メッセンジャー) REDSOUL (レッドソウル) JOYRICH (ジョイリッチ) IMPORT (インポート) FRANKLIN & MARSHALL (フランクリン・マーシャル)  
BATTLELINE (バトルライン) ARGENT GLEAM (アージェントグリーム) menghi (メンギー) ROSSO ARTIGIANO (ロッソアルティジャーノ) CORE JEWELS (コアジュエルス) NIXON (ニクソン) ROMAGO DESIGN (ロマゴーデザイン)
 
 

MOBILE PAGE

 

HOME»  ROUGH AND RUGGED

ROUGH & RUGGED (ラフアンドラゲッド)
*ROUGH AND RUGGED (ラフアンドラゲッド)*
2000年、自社ファクトリーを立ち上げサーフボードのシェイプを開始した榎本高士が自身のバックボーンであるモーターカルチャー、サーフカルチャー、ミリタリーカルチャーを揚言するENO SURFBOARD、ROUGH AND RUGGEDをスタートさせる。2003年、そのグラフィックをTシャツ等にプリントし、固定概念に捕われないスタイルでENO SURFBOARD、ROUGH AND RUGGEDともに国内外で評価を受ける。SURF、MOTOR、MILITARYの要素をクロスオーバーさせ、あえてシーズンテーマを決めずこれらの要素をプロダクトに注ぎ現代にアップグレードさせた物作りを提案し続けている。

商品一覧

並び順: